ビキニライン黒ずみの原因

ビキニライン黒ずみの原因

ビキニライン黒ずみに悩んでいる女性は少なくありません。

ビキニラインが黒ずむ原因はいくつかありますが、原因を知ることで黒ずみの予防にもつながります。

 

黒ずみの最大の原因は、下着によって起こる摩擦です。
摩擦を繰り返すと、肌の防御反応によってメラニンが生成されたり、ターンオーバーのバランスが乱れて角質が厚くなってしまいます。
摩擦によってメラニンが過剰に生成されると色素沈着を起こす場合があり、これを摩擦黒皮症といいます。
摩擦黒皮症は、深い部分に色素が沈着してシミになってしまった状態なので、改善するまでに長い時間がかかります。
ですから、できるだけ黒ずみにならないように予防するのが大切なのです。
摩擦を抑えるためには、天然素材の下着や、ビキニラインに擦れないようなボクサータイプのものを選ぶといいでしょう。
また、ぴったりしたジーンズなどはビキニラインに摩擦を起こしますし、自転車などの脚を動かす動作も擦れるので、服装にも注意が必要です。

 

むだ毛の自己処理による刺激も黒ずみの原因となります。
カミソリでのむだ毛処理はビキニラインに刺激を与えるため、色素沈着や角層を厚くする可能性があります。
ビキニラインやワキの脱毛を自己処理で行う場合には、専用のクリームを使って刺激を減らすといいでしょう。

 

また、ホルモンバランスの乱れでも黒ずみが起こります。
妊娠・出産期に起こる黒ずみは、出産後にホルモン分泌が元に戻れば数ヶ月で自然に解消できますから、こちらはあまり気にしなくても大丈夫です。